読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Southerly

20代OLの日常から創作まで

マンチェスター・バイ・ザ・シー

久しぶりに映画館で見たい!と思って映画館へ。

Y!映画評価:3.8

マット・デイモンがプロデューサー、ケイシー・アフレックが主演を務め、数々の映画賞を席巻した人間ドラマ。ボストン郊外で暮らす便利屋が兄が亡くなったのを機に帰郷し、16歳のおいの世話をしつつ自身が抱える過去のトラウマと向き合う姿が描かれる。メガホンを取るのは、『ギャング・オブ・ニューヨーク』などの脚本を担当してきたケネス・ロナーガン。共演には『ブルーバレンタイン』などのミシェル・ウィリアムズ、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などのカイル・チャンドラーらが名を連ねる。

ボストン郊外で便利屋をしている孤独な男リー(ケイシー・アフレック)は、兄ジョーカイル・チャンドラー)の急死をきっかけに故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってくる。兄の死を悲しむ暇もなく、遺言で16歳になるおいのパトリック(ルーカス・ヘッジズ)の後見人を引き受けた彼は、おいの面倒を見るため故郷の町に留まるうちに、自身が心を閉ざすことになった過去の悲劇と向き合うことになり……。

評判は結構良いみたいですが、正直私にはいまいちでした。
以下、ネタバレ含みます。だいぶ辛口です。



まず、ストーリー展開が、分かりにくい、、、ひじょーに分かりにくい、、、
急に昔に戻るから、あれ、これはどっち???ってことが多々。集中してないとわけわからなくなります。
繋がりがあんまりなくて、唐突な感じがして、わりと置いてけぼりになり、なかなか感情移入まで辿りつきませんでした。
リーがなぜ変わってしまったか、というのを、もう少し丁寧に描いて欲しかった。
元妻との再会シーンは、二人とも迫真の演技で、胸が痛くなりました。だからこそ、惜しい。

パトリックの動揺も、なんだか、中途半端で。
慕ってた父親が死んだのに、女の子で解消して満足してる感じが。
母親に救いを求めながら、マッチしないからリーにまた頼るところは人間らしかった。
ただ、それでリーが変わろうとしているというのは、うーんこれまた唐突。さすがに行間読みきれないよ…。

トーリーとしては、御都合主義感はなくて、現実的だったので、そこはハマったんですけども。
あと、港町の風景が淡々とうつされるのと、鳥の動きは結構好き。小津安二郎を彷彿させられました(特に仕掛けもなかったけど)