Southerly

20代OLの日常から創作まで

君の名は。

こないだ2回目を見てきました。
1回目もおおっと思ったのですが、2回目の方がなお感動が多く、鳥肌祭りでした。
というのも、やはり全体感を把握しているからこその気づきというものがあって。
1回目は瀧くんにそんなに魅力を感じませんでしたが、2回目は瀧くんて物凄く格好良いなと思ったり。
入れ替わる時の演技の秀逸さにも改めて驚き。それぞれ特徴捉えているなぁと。
あと、1回目はちょっと音楽過剰だなと思っていたのですが、曲を聴きまくっていたからか、結構しっくりきて、パンフレットにも書いてあったけど野田さんは確かに3人目の主人公だなと。


>>>>以下、ネタバレ含みます


語り出すとキリがないので、印象的なシーントップ3でも。完全に思いついた順でいきます。

① 糸森湖で2人が会うシーン
本作では一貫して「結び」が語られています。“糸は時間と同じ”というのがしっくりくるシーンといえばここ。遥か昔の隕石落下も、今回の隕石落下も、絡まっては戻りの一例で。
時空超える系でよくあるパラレルワールド、みたいな路線にならないところが良いところ。過去と今を生きるっていうのは、糸が絡まったゆえの奇跡だと。
とか、くそまじめに語ってはいますが、実際のところ、初めて面と向かっての2人の掛け合いが可愛くて仕方ないんですよね。
別れ際の「名前書いとこうぜ」、が、瀧くんずるい…かっこよすぎる…。こんな青春したかった…。
② 三葉と四葉が舞うシーン
これはもう綺麗としか言いようがありません。本当に2人とも綺麗。
私は比較的都市部で育っているので、神儀みたいなのってまったく縁がなく。
観光地とかで、伝統品みたいなものを見ると、すごいなぁいいなぁとか思うけど、それを支えてる人がいるってことを改めて感じました。
2人の美しさもさることながら、勅使河原とさやちんの絡みがなんともむずキュン。てっしーは三葉が好きで、さやちんはてっしーが好きで。、さやちんはいつも3人でいるために、女を抑えていて、ひたすらにいい子だなーと。
ちなみに口噛み酒、製造は免許がいるとか▼
「君の名は。」三葉ちゃんの「口噛み酒」が話題…個人で作って売っても問題ない?
③ 瀧が三葉の父親に会いに行くシーン
ここ、なんか分からないけどすごく鳥肌たちました。
「お前は、誰だ?」
やっぱり、親なんだろうなぁと。本当に、この時、お父さんは怖かったんだと思います。娘が得体の知れないものになったのが分かったから。
と、同時に瀧もまた、三葉の親に正体が見透かされたことが、怖かったんだと思います。知り合いの父親に叱られるような、気持ちになったんじゃないかなって。
「三葉だったら!」
今までは、楽しんでいた入れ替わりがクライマックスでは、もどかしくなる。入れ替わりの負の部分をきちんと描いている点もまた、物語を濃いものにしている要素の一つなんじゃないかと。

正直好きなシーンしかなくて、特別好きなところは、多分見るタイミングで変わってくので、きっと語りつくせません。
だからこそ、リピート鑑賞されている映画なんだと思います。

リピーターさんは次見る前にチェックして見ても良いかも▼
『君の名は。』深すぎる「15」の盲点 – シネマズ by 松竹


<<<<


これを機に、新海誠の他作品も見てみました。まずは、有名どころを!というところで、『秒速5センチメートル』。

>>>>以下、ネタバレ含みます

3編の短いアニメーションで構成されています。2だけ舞台が違います。
これも、『君の名は。』のように、会えるのか会えないのかといったようなお話。
1編目の中学生の主人公が不安いっぱいの中で電車に揺られて会いに行くシーンが印象的。
全く知らないところで、しかも悪天候。携帯もないから遅れることも伝えられない。
この、もどかしさが、たまらなく切なくて。
私はよく出先で、携帯の電池がなくなるので、心細くなる気持ちと、人を待たせてしまって申し訳なく思い気持ち、ものすごい共感しました。

<<<<

とまぁ、評論家ぶって語ってみましたが、文字にしてみると、
語りつくせない作品だと改めて分かりました。
すでにまた見たくなってきた…いつまで公開してるんですかね?
ちらっと調べて見たら都内は1月いっぱいまではやってそうな予感
ぜひぜひ!!!

ちょー余談ですが、私はまさに高校時代はRADWINPS世代に当たるんですが、当時はリア充すぎる歌詞があんま好きじゃなくて。
今回久しぶりにRADWINPSを聞いて、結構ハマったんですよね…。
で、朝のアラームにでも設定しようかと考えたところ、アラームにすごいマッチしてることに気付き!!!
「やっと眼を覚ましたかい?」