読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Southerly

20代OLの日常から創作まで

転職エージェント面談

 

小説に集中すると言いつつ、全くできておらず。

仕事が忙しいのと、ここ最近じつは風邪をこじらせており。

で、結構前に予約を取っていたエージェント面談にこの前行ってきました

 

結論。

転職、というか職を選ぶのは、結局自分が決めなきゃいけない。

 

完全に甘えてた。導いてくれるのかなーなんて期待して。

 

どちらかというと、具体的な転職の流れを教わりに行ったという印象。

9月のタイミングで転職かなって思ってたから、夏くらいに始めればいいかと思ってたけど、5月から始めて、6月に内定をもらうイメージらしい。

はや。

で、面接って平日になっちゃうから仕事休まなくちゃいけなくて

当たり前なんだけどね、改めて転職って大変だなって思いました。

本当に真剣に考えてやらなきゃ、時間の無駄。

 

で、ぼんやりと考えてみた。

私は何がしたいのかなーって。

 

今の会社、たぶん待遇面では住宅手当がない以外は文句なし。

しばし、つらい、しんどいなーとは感じるけど、絶対にできない範囲ではない。

だけど、頑張ろうという気力を捻出するのが難しい。興味ないから。

→ 興味のある仕事に就きたい。

→ て、なんだよ。

→ 小説家

→ なろうと思ってなれるものじゃない

→ 小説を書く時に役に立ちそうな仕事

→ もの書く系

→ 給料低い

→ !!

決めました。

色々な業界と人と関われる仕事を探します。

かつ、ライフワークバランスを保てるような。

て、どこなんだろ。

で、そこでエージェントの出番なわけですよ。

こんなぼんやりとしたものを基に、ありがたいことに日々求人情報をくれるわけです。

 

▼業界研究にと、おすすめされました 

 

基本スタンスは変えず、とりあえず今はゆるゆると情報収集かつ、

TOEICでも受けなおしてみよーかなと思います。