読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Southerly

20代OLの日常から創作まで

エリザのために

Y!評価:3.7
※絶賛上映中(新宿シネマカリテなど)

愛人がいて、家庭が順調とはいえない医師ロメオ(アドリアン・ティティエニ)。あるとき、留学を控える娘のエリザ(マリア・ドラグシ)が登校中に暴漢に襲われてしまう。エリザの精神的ショックは大きく、ロメオは留学試験に支障が出るのではないかと考える。何とかエリザを留学試験に合格させようと、ある条件と引き換えに警察署長、副市長、試験監督に便宜を頼み込むロメオ。だがエリザは、そんな彼に反発し……。

※ 微妙にネタバレあり

ルーマニアの映画だと聞いて、思わずみてしまいました。
アイルランドに限らず、ヨーロッパの映画は映画館でなるべく見ようかなと。
制作費が低いので、少しでも興行収入がのびますようにと。

クリスティアン・ムンジウ監督の作品見るのは初めて。非常に評価されている監督さんのようです。
非常に独特ですが、ヨーロッパ映画っぽい。365日のシンプルライフを思い出しました。なんだか画面が素朴で…ドキュメンタリーのようで。最初、若干酔いそうになりました…。
ルーマニアのイメージなんてドラゴンくらいしかなかったんですが(完全にハリーポッター
東側っぽいなぁっていう印象。昔行ったスロバキアを思い出しました。

民主化を信じて帰国したのに、結局まだまだ荒廃している母国。だからこそ、娘を英国に行かせることだけを考えてきた父親。愛情以外の何物でもありません。そのために、関係が崩れても夫婦で暮らして。裏工作をして。
無駄に色々疑ってみましたが、この映画は小細工はなく、すごくシンプル。
父親にフューチャーされていますが、同性だからか、母親が凄く気になりました。最終試験の前日、母親は彼女に何を伝えたんだろう。
これからどうなるのかが気になるんですけど、全くもやもやはしないんです。
伏線回収し忘れ!みたいな中途半端な終わりではなく、むしろ、後味の良い映画でした。

私は文字でしか歴史を知らないんだと、改めて気付かされました。
前々から思っていましたが、久しぶりに世界史を復習しなきゃなぁと。この手の映画は、知識があればより楽しめることと。


これ愛用してました。ひくくらい世界史好きだった…。1212少年十字軍…。笑