読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Southerly

20代OLの日常から創作まで

網棚にご注意 part.II

前回の記事はこちら

まじで、焦りました。
きっと誰か親切な人が終点ではない駅に届けたのかもしれないと、とりあえずその日は捜索終了。
そこから、ひたすら探す旅です。
まずは、路線会社に問い合わせ。ないと言われても目で見ないとと、遺失物センターへ。
さらには、東京・神奈川で警察に届け出。
しかし。
無情にも時間だけはすぎていく。
しかし、対応いただいた方々はみなさん優しくて優しくて(;_;)それだけは印象的。

とりあえず、親にパソコンと言われないように、ひたすらうまくごまかす日々。

探す方向から、買い直す方向へと、泣きながら転換して行きます。

私が買ったのは当時最新だったピンクのノートパソコン。
冬にはすでにCPUなどが改良された新作が出ており、色がピンクということで、全く同じものというのはあまりなく
あったとしても、すごくスペックが低かったりして、だったら新しいの買った方がまだましだと、秋葉原のPC店で最安値を購入。
あの時、CPUとかいろいろパソコン知識が無駄に増え、自作とかに危うく目覚めるとこでした。笑

結局、親から入学祝いにと買ってもらったパソコンは、一つ上のスペックとなり、80,000近く出して収束となりました。

パソコンの方は買えばよかったからそこまで面倒ではなかったのですが、問題は、Wi-Fiルータでした。
紛失→再発行となると、どうしても契約時の情報とかがいるわけです。
しかし、全て親が掌握していたため、どうにかうまく説明するしかなく。
内心ビクビクしながら、不具合があって、修理出すんだけどみたいな切り口で何とかした気がします。

そんな、こんなで、パソコンを失くすとこんなにも面倒くさいのかと。
そして、なんて、非人道的な世の中なんだろうと。

余談ですが、女の子育成ゲーム(プリンセスメーカー2)のアルバムがなくなったのが地味につらかった…全コンプしてたのに…!!!


以来、網棚には極力物を置かないようにして来ました。

の、ですが。

また、この馬鹿者はやらかしました。
今度はなにを無くしたか、というと。

鞄。

あまりにもお恥ずかしい話ですが、これも同じような感じで、そこまで酔っ払っていたわけでなく、iPhoneに熱中→慌てて降りる→鞄!!!というような感じ。
不幸中の幸いで、iPhoneだけはあったのですぐに駅に連絡してと。
今回はさすがに、無事見つかりまして。特になくなったものもなく。
機密書類とかそういうのは入ってなかったので、本当に良かった。

二度あることは三度あると言いますよね。
次は何だ…怖過ぎる…。